アーカイブ

Adobe

学生じゃないのにAdobe Creative Cloudを安く手に入れる方法

投稿日:

イラストレーターやフォトショップなどクリエイター向けソフトと言えば昔からAdobeですが、どうしてもプロフェッショナル感が強い上に価格も高く、素人にはちょっと敷居の高い存在でした。

しかしそれはもう過去の話で、最近ではクリエイター以外の方が使用している事も多いようです。そこで今回は「Adobe Creative Cloud」を誰でも安くお得に使える方法をご紹介します。

Adobe Creative Cloudとは?

Adobeのソフトにはイラストレーターだけではなく、シワ消しの大御所・Photoshopから動画編集の鬼・Premiereなど様々なクリエイター向けソフトが存在します。

私が仕事で使い始めた頃はソフトごとに単体で購入する必要があり、とにかく1本ごとの価格が高く貧乏人にはなかなか手の出せない代物でした。

しかしそれから数年後に複数のソフトをパック化した「Cteative Suite」という物が発売され、今では時代に合わせてクラウド化され『Adobe Creative Cloud』としてクリエイターソフト界の頂点に君臨しています。

Adobe Creative Cloudの中身

それでは「Adobe Creative Cloud」にはどんなソフトが含まれているのか確認してみましょう。

  • Illustrator CC

  • InDesign CC

  • Acrobat DC

  • Photoshop CC

  • Lightroom CC

  • Premiere Pro CC

  • Dreamweaver CC

  • Experience Design(ベータ)

  • After Effects CC

  • Bridge CC
  • InCopy CC
  • Fuse CC(プレビュー)
  • Character Animator(ベータ)
  • Project Felix
  • Audition CC
  • SpeedGrade CC
  • Prelude CC
  • Fireworks
  • Animate CC
  • Flash Builder
  • Scout CC
  • Muse CC

ご覧の通り物凄い数のソフトが使用できます。

気になる価格は?

以前はパックを購入すれば一生使い続けることができましたが、現在は月額制となっています。

価格は上記のソフトを全て使用できるコンプリートプランだと年間契約で¥59,760(税別)、月額¥4980(税別)となっています。

確かにこれだけのソフトが使えて¥4980(税別)は安いとは思いますが、中には使わないソフトもあるので少しでも安く済ませたいと思う人も多いでしょう。

アカデミック版は安い

Adobeのソフトには昔からアカデミック版というのがあって、学生というだけで格安でソフトを購入することができました。

そのシステムは今も健在で「Creative Cloud」も例外ではありませんが、筆者はとっくの昔に学生時代が終わっているのでアカデミックの恩恵を受けることは出来ません。

学生には年齢制限があるわけではないので、今からでも学生にさえなればこのアカデミック版を発動することができるのですが、それはさすがに現実的ではありません。

やはり社会人は定価で購入するしかないのか?

いいえ、ちゃんと社会人でも安く購入できる方法が存在します。

秘技・通信講座

学生といっても大学や専門学校に必ずしも通う必要はなく、Adobeがスクールパートナーとして認定している通信講座を受ければ学生として認められ格安で「Creative Cloud」を購入することができます。

http://www.adobe.com/jp/information/creativecloud/students/school-partner.html

スクールによって価格はバラバラですが、どの講座も「Creative Cloud」に加えて通信講座を受けることができるので、初めてAdobeのソフトに挑戦する人にもかなりオススメです。

この方法で安く「Creative Cloud」を手に入れた場合も制限なくソフトを使用でき、商用利用もOKなのでフリーランスのクリエイターにはとても心強い味方となっています。

あくまでも個人利用に限られるため、会社所有のPCヘインストールは不可。

どの通信講座が良い?

通信講座は様々な学校で受講可能ですが、今回は中でも割引率の大きい「デジハリオンラインスクール」の通信講座をご紹介します。

ここで申し込むと、通常価格の48%オフ・年間¥30,900(税別)で「Creative Cloud」を手に入れることができます。

使える期間は?

creativecloudアカデミックパッケージ

12ヶ月でソフトを使えなくなるので更新の手続きが必要になります。Adobeの公式サイトだと通常価格での更新になってしまうのですが、もう一度デジハリの通信講座に申し込むことでまた特別価格で購入することができます。

まとめ

最近はYoutubeの素材やLINEスタンプなど、一般の方がクリエイティブなソフトを使用する機会も増えてきましたが、この方法を使えばかなりお得に「Adobe Creative Cloud」を利用できます。もし今まで価格面で購入を躊躇していた方は是非この方法を試してみてください。

この記事を書いた人

ウォーキーDesigner/Illustrator

10代の頃からライブハウスを出入りし、音楽ではなく絵やデザインで自己表現を始める。ストリート系の作風を得意とし、インディーズの枠にとらわれずメジャーアーティストや大手プロダクションの案件も多数手がける。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

368人の購読者に加わりましょう

-Adobe
-

Copyright© KC-GRAFFiXX | デザイン制作 イラスト制作 グッズ製作 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.